豚汁は炒める炒めない?美味しい作り方で簡単なのはどっち?

富士通 LIFEBOOK A573/G◆Core i5◆Win10◆office ノートPC
富士通 LIFEBOOK A573/G◆Core i5◆Win10◆office ノートPC
279299320-36938-vDS
16,120円 24,800円
[Used]Windows 10 FUJITSU LIFEBOOK A573/G FMVA03004 Core i5 2.7GHz memory 4GB HDD 320GB DVD-RW Z8 with note PC Office, (Renewed) Fujitsu A573 Lifebook with Numeric Keypad (Intel Core i5 - 3340m /4 GB/300 GB HDD/Windows 10 / NO Webcam / HDMI / 4 USB/15.6 Inch Screen), (Renewed) Fujitsu A573 Lifebook with Numeric Keypad (Intel Core i5 - 3340m /4 GB/250 GB HDD) reviews, [Used]FUJITSU [attached to Microsoft Office H&B 2013] LIFEBOOK A573/G[Core i5/Windows 10 Pro/ Note], Amazon.co.jp: FUJITSU LifeBOOK A573/G Core i5 4GB 320GB 15.6 Type , Used]A rank LIFEBOOK FUJITSU A573/G third generation i5 business
現在、2名がこの商品を検討中です

商品説明

ご覧頂き、誠にありがとう御座います。

当店では他にも多数のパソコンを販売しておりますので、是非ご覧下さい。

煩わしい初期設定済みなので、届いたらすぐにご利用いただけます。初心者にも最適!

別途料金でメモリーやハードディスクの容量変更は可能です。

◆主な商品スペック
「商品メーカー」:富士通
「型番」:LIFEBOOK A573/G
「CPU」: Intel Core i5-3340M 2.70GHZ
「内蔵メモリ」: 4GB搭載
「内蔵ハードディスク」:320GB
「OS」: Windows 10
「ディスプレイ」: 15.6インチ
「光学ドライブ」:DVD スーパーマルチ
「無線LAN」: 無線LAN有り(Wifi機能をご使用頂けます)
「KingSoft Office」 :ワード・エクセル・パワーポイント機能など使用可能で大事なお仕事に活用できます

付属品:
◆ACアダプタ

商品動作・外観
◆本体確認:導入済のOSにて動作確認済み。
◆通常使用の各動作確認の出来る状態でお送りいたしますのでご安心してご使用いただけます。
◆本体外枠を簡易清掃しましたが、中古品ですので筐体にキズ、汚れ、シール跡、変色、凹み等があります。また、内部にも汚れや埃等が溜まる可能性が有りますので、予めご了承下さい。

注意
◆バッテリー、ゴム足は消耗品の為保証外になります。
◆あくまでも中古ですので、気になる方、神経質な方、完品を求めるの方のご購入はご遠慮ください。
◆動作保証は商品到着後一週間以内です。

#ノートパソコン

商品情報

カテゴリ スマホ/家電/カメラ
› PC/タブレット
› ノートPC
サイズ なし
ブランド 富士通
商品の状態 目立った傷や汚れなし
配送料の負担 送料込
配送方法 未定
発送日の目安 支払い後、1~2日で発送
発送元の地域 東京都

[Used]Windows 10 FUJITSU LIFEBOOK A573/G FMVA03004 Core i5 2.7GHz memory  4GB HDD 320GB DVD-RW Z8 with note PC Office
(Renewed) Fujitsu A573 Lifebook with Numeric Keypad (Intel Core i5 - 3340m  /4 GB/300 GB HDD/Windows 10 / NO Webcam / HDMI / 4 USB/15.6 Inch Screen)
(Renewed) Fujitsu A573 Lifebook with Numeric Keypad (Intel Core i5 - 3340m  /4 GB/250 GB HDD) reviews
[Used]FUJITSU [attached to Microsoft Office H&B 2013] LIFEBOOK A573/G[Core  i5/Windows 10 Pro/ Note]
Amazon.co.jp: FUJITSU LifeBOOK A573/G Core i5 4GB 320GB 15.6 Type
Used]A rank LIFEBOOK FUJITSU A573/G third generation i5 business

食の豆知識

MILLET 45〜55Lザック 女性用

たとえば子供の頃家庭ででる豚汁といえば炒めてあるのが当たり前だった場合、具材を炒めないやり方をみると戸惑いませんか?

私は材料をいためてから作るものだと思っていたので、最初はとてもビックリしました。

実際のところ「豚汁は炒める炒めないどっちが正解」なのかについて書いています。

どちらにもメリットデメリットがあるので、比較の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

豚汁は炒める炒めないどっちが正解?

豚汁は炒めるのか炒めないのか、どっちが正解なのかといえば

どちらも正解です。

ふざけているわけではなく、料理の方法は

・地域によって違う
・家庭によって違う
・家族の中でも好みが違う

なので、基本的に「正解」みたいなのがないんですよね~。

でも私の持論としては、やっぱり豚汁は炒めるもんでしょ!と思ってます。

理由ですが具材をいためずに煮るだけだと、フツーのお味噌汁とあまり変わらなくないですか?

味噌汁の具に豚肉がプラスされているだけというか…、何か違うって思っちゃうんですよね。

先に鍋で炒めてから作ると、油が加わる分コクが出て「豚汁だぁ~~」ってなるんですw

とくにごま油で肉と野菜をいためておいて、柔らかくなるまで煮込むのが好きです。

ごま油だと炒めている間の香ばしいにおいがもうホントたまらんのですよ~~。

でも炒めない方法にもメリットを感じるので、それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

豚汁の作り方で炒めないメリット

豚汁を作る時に具材を炒めないメリットですが、やはりなんといっても「ヘルシー」になるって点でしょう!

ヘルシーになるというか…炒める時に油を使うとその分カロリーが増えるので、増やさずに済むって感じですね。

味もあっさり気味に仕上がるので、コッテリが苦手な人にも食べやすい豚汁になります。

特に高齢になってくると胃にもたれやすくなるので、豚肉は湯通しして脂を落としてから豚汁にしたりもします。

そうするとよりアッサリになって食べやすくなるんですよ。

ただ先にも申し上げたとおり、アッサリすぎて物足りなくもあるのがデメリットかなと。

スポンサーリンク

豚肉の旨味を捨てるようなものなので、味噌汁に入れる必要は…ってなるかもです。

豚汁の作り方で炒めるメリット

続いて豚汁の作り方で炒めることのメリットですが、野菜の煮崩れ対策になること!

一度いためておくと煮込んでも崩れにくくなるんです。

私としてはごま油の風味でコクがでるのが好きですが、これを美味しいと思うかどうかはやっぱ好みで分かれますよね。

なので好きな人にはメリットです、そうでない人には「味がクドい」ってなっちゃうんですよね。

あとデメリットというとお鍋で肉をいためるのって何気に面倒だったりします。

肉が鍋のあちこちにくっつくんですwこれが慣れないうちは大変かも。

>>関連記事BE@RBRICK エヴァンゲリオン初号機 CHROME Ver.1000%

肉のくっつき対策はこちらの記事で紹介していますので、合わせて参考になれば幸いです。

テンダーロイン ボルネオ DABO IMAGE ジャケットXL

ヘルシーさとかコクとかより、簡単においしく作れればそれでいい!って場合。

簡単なのはやっぱり材料を炒めずに煮込んじゃう方法ですね。単純に炒める工程がないぶん楽になります。

火が通りにくい根菜から茹でていってアクをとるだけ。

アクについてはいためても炒めなくても結局出るので、どちらの方が簡単かの比較にはならないかなと思います。

あともし家族内で意見が割れるときは、とりあえず炒めずにつくって、コクが欲しい人だけごま油を味噌汁にたらします。

入れすぎないようにチョロっとだけ。

うちは子供がまだまだ小さかった頃はこの方法でやってました。

子供にはちょっと味がクドくなるかな~と思って、大人の分だけごま油を入れてましたね。

食材を炒めたいところですが分けて作るのはさすがに手間すぎるので(;´∀`)

まとめ

私は今のところ豚汁は炒めてから派です。

でもお店で炒めてない豚汁が出ることがあっても、それはそれで美味しく頂いていて、結局どっちも好きなんだと思いますw

豚汁というものがもう美味しいんですよね。

>>関連記事

オートバックス 株主優待券 5000円分 b

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
WONDERFULLYMADEINC.COM RSS